看護師として働こうと考えた場合、さまざまな働き方を選択することが可能です。
例えば総合的に学びたいと考えた時には、大学病院や総合病院を選ぶことができます。大学病院や総合病院にはさまざまな科が入っているため、より広く学ぶことが可能です。
働き方としては、日勤と夜勤両方経験したほうが広く学ぶことができます。
また、短時間でガッツリ稼ぎたいなら、夜勤専従という働き方もあります。ほとんどの病院で夜勤には夜勤手当といって、夜勤を1回するごとに1万円から2万円程度の手当てがつきます。そのため、日勤で働く場合よりも少ない日数でガッツリ稼ぐことが可能です。
逆に夜はちょっと苦手という方や、小さなお子様がいるという方には、日勤のみで働くという方法もあります。総合病院や大学病院でも日勤のみの求人がある場合もあり、クリニックなどそもそも夜勤がない職場を選べば、日勤のみで働くことが可能です。
また、お子様がいる方に対しては託児所がある病院もあり、スタッフは格安で利用できるのでおすすめです。クリニックなどでは昼休みが長めに設定されていて中抜けが可能な場合や、半日勤務という働き方を選べる場合もあります。
このように看護師として働くと、さまざまな勤務形態を選ぶことができます。そのため自分のライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことが可能です。
また、ライフスタイルはそれぞれのライフステージによって変化していきます。様々な勤務形態が可能な看護師なら、ライフスタイルが変化したとしても、それに合わせて働き方を選びなおすことができるのも特徴です。
このように看護師として働くことで、ワークライフバランスを保つことができます。

※看護師の勤務形態についてより詳しい情報を得たい方は、http://kangoshi-kinmukeitai.comにJUMP!