看護師の勤務形態は、雇用形態や勤務先によって差があります。
雇用形態による違いは、非正規職員の場合は契約によって勤務する時間や曜日が決まっており、短時間勤務の例もあります。
正職員も勤務時間は決まっていますが、非正規よりも時間が長いのが通例で、残業も珍しくありません。
なお、病院での勤務の場合、非正規の場合でも残業はあり得ます。病人を相手にしているので、「終業時間だからこれで診察は終わり」とはいかない場合が多いためです。
勤務先による違いは、医療機関の規模が大きく影響しています。
比較的小規模な診療所は昼間だけの勤務で、休日は固定されている場合が多いです。終業時間は患者さんの数である程度変わるので、残業もあります。
中規模~大規模な医療機関では、シフトを組んだ勤務が多く、休日は固定されていない可能性もあります。また、入院が可能な病院なら夜勤を担当することもあるため、勤務時間帯も一定ではない場合もあります。
看護師の勤務先は病院だけとは限らず、例えば老人ホームなどの介護施設で勤務する例も増えています。
老人ホームの場合は入院設備を持つ病院と同じような勤務形態になることが多いです。生活全般の介護が必要なので、夜勤に入る場合もあります。
訪問介護を行う施設もシフト制が基本で、車を運転して利用者さんの自宅を巡回します。利用者さんの状況によっては、スケジュール通りに巡回できずに残業になることもあります。
病院でも介護施設でも、経営者に意向によって勤務形態には違いが生じるため、就職活動時にはよく確認する必要があります。