選択肢は多いに越したことはない

自分に合った働き方をする上で通勤のしやすさを重要視する看護師も多いでしょう。
一人暮らしを始めようと考えている看護師や、転職をキッカケに移住を考えている看護師にとって、とてもありがたいのが寮の存在です。寮は病院が備えていることが多いですが、クリニックや介護施設などでも、福利厚生として完備しているケースがあるようです。
こうした寮が利用できれば、たとえ遠方からの就職でも、賃貸を探しにわざわざ遠出する必要がありません。また、入居に際して面倒な手続きがないことも、寮を利用するメリットと言えるでしょう。家賃が格安だったり、生活費が抑えられたりと、金銭面の負担が少なく済むのもポイントです。
環境面については、寮から職場まで近い傾向にあります。場合によって、職場の敷地内に寮が備えられていることもあり、満員電車や渋滞に巻き込まれず、楽に通勤できるのが魅力です。さらに、寮なだけに入居者はすべてスタッフで、仕事で夜勤があることを理解しているため、夜間帯の出入りや生活音も一般の賃貸ほど気を配る必要はないでしょう。
その一方で、オンとオフのメリハリをつけにくい点が、デメリットとして挙げられます。それもそのはず、先に述べたように、入居者はすべて顔見知りのスタッフだからです。近場への散歩や買い物では、ほかのスタッフと出会う確率が、一般の賃貸よりも高くなります。
そして、職場の敷地内にある寮なら、部屋から職場が見えてしまうのも要因となるでしょう。病院の寮なら、救急サイレンが頻繁に響いて聞こえる可能性が高く、常に職場にいる気がして気持ちが休まらないかもしれません。こうした寮の良し悪しをしっかりと理解したうえで、利用することをおすすめします。