看護師の職場には日勤と夜勤が両方ある現場が多いですが、それぞれに仕事の特徴があります。
一般的に日勤は朝から夕方までの時間帯に働けることから、プライベートの時間を取るのが簡単で体力的にも精神的にも働きやすいのが特徴です。また、仕事の量も種類も多くて忙しい現場が多くなっています。
一方、夜勤の特徴は夕方から朝にかけて働くことであり、昼夜逆転の生活をしなければなりません。ただし、日勤と夜勤を繰り返しているときには夜勤のときだけうまく生活リズムをずらして働くことになります。やや働きにくいのは確かですが、夜勤手当が出たり時給や日給が高くなっていったりしているため、稼ぎやすさが魅力です。
看護師が転職を検討している場合には、日勤のみで働きたいと考えている方と、夜勤専従で働きたいと希望している方が多くなってきています。両方を行うよりも生活リズムが安定するからです。
日勤のみを希望する看護師が多数派になっているのは確かではあるものの、夜勤専従で働きたい方も着実に増えてきています。
働きやすさと稼ぎやすさのどちらを優先するかは考え方次第であり、夜型の生活に慣れている方や、とにかく稼ぎたい方は夜勤で働いた方が効率的です。人によっては夜勤の方が仕事の量も種類も少なくて働きやすいと言う場合もあります。
このような考え方の方がいるお陰で夜勤の人材不足を補うことができ、日勤のみの待遇で働ける看護師が増えているのが現状です。